美術の時間

キムヨナの演技

キムヨナの演技について

浅田真央、キムヨナの対決から大分月日が経ちましたね。今、あえてキムヨナの演技について回想しました。演技力は世界でも最高峰だったのではないでしょうか?懐かしさも含めてお楽しみください。

スポーツ選手というより、アーティスト

強気な性格やコーチとのゴタゴタもあって、いいイメージのないフィギュアスケート選手になっていますが、純粋にフィギュアスケートの演技をしているヨナ選手を見ていると、本当にスケートの芸術家だなあと思うのです。

バンクーバー五輪でのSPでは007のボンドガールのイケイケなお色気たっぷりな演技は文句なしに素晴らしかったです。

FPではガーシュウィンの曲で透明感のある演技でした。私、生中継をテレビで見ていたのですが、スケートの神様がキムヨナにウインクした瞬間を感じたくらいです。それぐらい神々しさがありましたね。

オーサー監督の繊細な作戦に、一流の振付師ウィルソンが付いて、このバンクーバー五輪がキムヨナの演技の頂点なのかな?と思っていたんですが、

ソチ五輪を見て、びっくらこきました。
 
 

劣化しない演技

めっちゃよくなっとる!!

演技に深みが出ていて、なんでもないようにスーッと滑っているスケーティングのうまさ、音楽に合わせた抑揚をつけた手の動作、顔の表情など、すべてがエレガントで見ていて思わずうっとりしてしまいました。前回のオリンピックよりも無駄な動きがなく、その成長ぶりにはびっくりしましたね……。まるで、少女漫画のキラキラが実際に見えているような、そんな感じです。

あれ??ブランクあったよね。っていうかコーチやその他いろいろゴタゴタがあったよね……。

でもショーとかをやっていたから、スケーティングや演技が磨かれていったのかなと思いました。ソチ五輪でのコーチは小学生時代に教わっていたコーチだそうです。世界的レベルのコーチにつかなくても自分自身でフィギュアスケートの演技を高めていったことを考えるとすごいとしか言いようがありません。今まで通り振付師はウィルソンで、ソチ五輪の方がウィルソンの世界観がよりよく表現されていたかもしれませんね。

4年経つといくら若いといえども、スポーツ選手の場合、身体にガタがきたり、こき使っている部分が痛んでしまったり、つらいことも多いと思うのですが、ジャンプも前回五輪と同様、飛んでましたし、最後までスピード感もあって体力は以前よりあるようにもみえました。

エキシビジョンの「イマジン」もとても素晴らしかったです。

ゴーギャンタイプのアーティスト

アーティストでいうとゴーギャンタイプなのかなと思いました。ともかく自分のことしか考えない……。まあ、欠点なのかもしれないですが、ひっくり返すととことん自分に妥協しないということでもありますからね。キムヨナもゴーギャンも自分の演技、画風には一切妥協してないですからね。ものすごく自分に対して厳しいのだと思います。

世界的なアーティストさんは、そうとう癖のある人が多いですから、(画家や映画監督、バレリーナ、俳優女優などなど)キムヨナがああいう性格だからといって、そんなに珍しいことではないと思いました。

今までの女子フィギュアスケートの中で最高潮の演技だったのではないでしょうか?リアルタイムで見れて本当に良かったと思いました。

今の選手、ザギトワやメドベージェフも大健闘していると思いますが、なんだろう??ジャンプが多すぎて、演技の深みがないように思います。次のジャンプのために慌てているようで、演技の集中力にかけているように感じます。今の採点システムがそうさせているのかもしれませんね……。

おすすめキムヨナ動画

代表作といったらこれ!ピチピチのお色気がたまりませんね♪

 

少し体調がイマイチに見えるソチ五輪でのフリーの演技。繊細な動きを要求される難しい振り付けは一見の価値あり!

指文字のLINE絵文字、好評販売中!

指文字をLINE絵文字にしました。絵文字は小さいので送り仮名は振っておりません。指文字を覚える練習に最適です♪

2020年3月7日にアルファベットの指文字もリリースいたしました!!

「指文字で伝えよう」「指文字で伝えよう2」「アメリカ式アルファベットの指文字」の3セットございます。

手の形だけで文章が綴れるようになっています。
誰にも知られたくない秘密の会話にもぜひ使ってみてね!

↓↓こちらからどうぞ!!
指文字のLINE絵文字

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です